映像研には手を出すな!

2020年冬アニメ
配信サービス 配信状況 無料期間
FODプレミアム
見放題独占配信
1ヶ月間無料!
今すぐ見る

映像研には手を出すな!~を見るなら👆

放送 2020年冬
話数
主題歌 【OP】Easy Breezy/chelmico
【ED】名前のない青/神様、僕は気づいてしまった
制作 サイエンスSARU
声優 浅草みどり:伊藤沙莉/金森さやか:田村睦心/水崎ツバメ:松岡美里/百目鬼:花守ゆみり/さかき・ソワンデ:小松未可子/藤本先生:井上和彦

© 2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会Products Inc.
TVアニメ「映像研には手を出すな!」公式サイト

ストーリー

高校1年生の浅草みどりは、アニメーションは「設定が命」と力説するほどのアニメ好き。
スケッチブックに様々なアイディアを描き貯めながらも、1人では行動できないとアニメ制作への一歩を踏み出せずにいた。そんな浅草の才能に、プロデューサー気質の金森さやかはいち早く気づいていた。
さらに、同級生でカリスマ読者モデルの水崎ツバメが、実はアニメーター志望であることが判明し、3人は脳内にある「最強の世界」を表現すべく映像研を設立することに・・・・・・
「月刊!スピリッツ」(小学館)にて好評連載中の大童澄瞳のデビュー作に、国内外で数々の賞を獲得してきた湯浅政明監督&スタジオ「サイエンスSARU」が手を出した!!
キャラクターデザインは浅野直之、音楽はオオルタイチが加わり“最強の世界”を“最強のスタッフ”でつくり上げる。
全世界が注目する電撃3人娘の冒険譚が始まる!!!!

みどころ

小さい頃に冒険家になりたかった主人公が、アニメに出会い、スケッチブックに様々なアイディアを描き貯めながらも、きっかけがないと1人で行動できなく、やきもきしていたが、プロデューサー気質の金森さやかとカリスマ読者モデルの水崎ツバメに出会い、映像研を設立することに。

今作品は映像研の活動も当然ですが、このアニメ自体の独特の世界観に引き込まれることがみどころです。

動画配信サービス

※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

配信サービス 配信状況 無料期間
FODプレミアム
見放題独占配信
1ヶ月間無料!
今すぐ見る

【注意】不正な動画サイトでの視聴はウイルス感染のリスクがあります。動画配信サービスでの視聴をお勧めします。今なら一定期間無料です。

第1話 最強の世界!

アニメーション制作を夢見る高校1年生の浅草みどりは、同級生の金森さやかとともにアニメ研の上映会へ。 すると、カリスマ読者モデルとして知られる水崎ツバメが声をかけてきた。水崎はなぜか黒ずくめの男たちに追われていた。 浅草と金森は彼女を助け、男たちを撃退する。そして2人は水崎が意外にもアニメーター志望であることを知る。 浅草と水崎の即興での合作が始まり、意気投合した3人の前に「最強の世界」が広がっていく…。

Midori ASAKUSA is a first year high school student who dreams of creating her own animation. When she visits a screening event held by Anime Club with fellow student Sayaka KANAMORI, an amateur model Tsubasa MIZUSAKI starts talking to them. As she was being chased by men dressed in all black, ASAKUSA and KANAMORI help her get rid of them. To their surprise, they learn that MIZUSAKI is also aspiring to be an animator. The three of them hit it off to realize their own “Incredible World” together!

第2話 映像研、爆誕す!

水崎がアニメ研究部に入ることを親に禁じられているので、浅草・金森とともにアニメを作るには新しい部活を立ち上げるしかない。3人は職員室に向かう。既にアニ研があるため、アニメを作ると言うわけにはいかない。実写系の部活が教師に求められていることを知った金森は、映像部を名乗ってアニメを作ることを発案する。こうして「映像研」が爆誕した!そして3人がかつてアニ研が使っていたという倉庫を開けると、そこは宝の山?

As Mizusaki is banned from joining the anime club by her parents, the only way for the three of them to make anime is to set up a new club. At the staff room, their teacher tells them that they will be granted a certain budget if the objective of their club was to create a live-action movie. Kanamori suggest that they will call their club “Eizou (Film) club” and use its name as a disguise. Thus “ Eizou-ken” came into existence! They head off to a storage space previously used by the anime club and realized all kinds of treasures behind the door!

第3話 実績を打ち立てろ!

映像研の3人に与えられた部室は、天井も壁も穴だらけの古い倉庫。まずは修理が必要である。作業を始めた浅草は宇宙船の修復訓練を夢想する。そして3人は、「予算審議委員会」でアニメを発表し、活動をアピールすることを決める。浅草のスケッチから舞台設定を選んで構想を練る3人。浅草は戦車を発案。水崎は作画の“演技”にこだわる。そして、プロデューサー的視点を持つ金森は、浅草と水崎の創作へのエネルギーを焚きつける。

Eizouken’s so-called club room was merely a storage with holes in all sides. Therefore, fixing the room was a priority. Asakusa imagine the process as spaceship fixing training. To promote their club, they decided to create a new anime to show at the “budget decision committee meeting”. Three of them choose a scene from one of Asakusa’s many sketches. Asakusa wants to animate a tank while Mizusaki is persistent about actions. With her producer-like vision, Kanamori eggs on their creative energy.

第4話 そのマチェットを強く握れ!

予算審議委員会で上映する短編アニメに取り組む映像研の3人。しかし作業はなかなか進まない。風景だけのカットを入れたり見せ場を繰り返すなど、浅草がテクニックを駆使するが、動きの細部にこだわる水崎の作画の遅れは取り戻せない。金森は、脅したりすかしたりして妥協案を提示する。そして迎えた委員会の日。相手となる生徒会は、「生徒会には手を出すな」と言われるやっかいな存在だ。映像研は予算を獲得することができるか?

The three of them start working on a short animation project to present at the budget decision committee meeting, However, their progress is slow. Asakusa tries several techniques to increase the frames by repeating the same cut but the delay caused by Mizusaki being too precise is unrecoverable. In order to make it work, Kanamori proposes a compromising plan. On the day of the committee, they come face to face with the student council members notorious for being troublesome. Will Eizouken win them over and gain the budget?

第5話 鉄巨人あらわる!

浅草は校内であやしげなロボットの痕跡を発見し、追跡を開始する。たどり着いた先にいたのは何やらロボットの作動テストが行う生徒たち。その中にはなぜか金森と水崎の姿もあった。実はロボット研究部から、文化祭で上映するロボットアニメを作ってほしいという依頼があったのだという。テーマは「ロボット対怪獣」だ。映像研の3人は作品のヒントを探して、芝浜高校創立前から存在するという不気味な地下空間にロケハンに向かう。

Asakusa discover strange presence of robot-like being at school and begin tracing it. In the end, she witnesses students, including Kanamori and Mizusaki, testing out movements of the robot. The truth was that they received a request from the robot club to create robot animation with the theme, “Robot vs Kaiju”. In order to get some inspiration, the three of them head out for gloomy underground path existed before the school was founded.

第6話 前作より進歩するべし!

映像研は文化祭で上映するロボットアニメに取りかかった。今回は美術部が背景を手伝ってくれるという。オープニング曲はロボ研が作曲、劇中の音楽は水崎が知り合いに頼むことになった。金森は、効率改善のためにPCの調達に動く。関わる人数が増えていくことに不安を感じる浅草。さらに、音響部についての情報がもたらされ、金森と浅草は部室を訪ねる。そこには膨大な量の音源を守る音響部唯一の部員、百目鬼(どうめき)がいた。

Eizouken team moves onto the robot anime project. This time, the art club are helping out with the background art. In order to increase their creative speed, Kanamori thinks of a way to gain PCs. Asakusa gets increasingly anxious as more people are involved. Meanwhile, Asakusa and Kanamori vitis a sound & audio club room. They find record of any and all sounds out there and Doumeki, a guardian of the room.

第7話私は私を救うんだ!

文化祭で上映するロボットアニメの制作は思うように進まずにいた。作画が遅れているため、音響部の百目鬼(どうめき)は効果音の準備が始められない。声優を買って出たロボ研の小野たちの演技は暴走するに違いなく不安だらけ。さらに、美術部の芸術が爆発して背景の描き直しが大量に発生、浅草が肩代わりすることになる。そんな状況に金森はイラ立つが、作画担当の水崎は、動きの表現へのこだわりを絶対にゆずろうとはしなかった。
The production for the robot anime to show at school festival isn’t going well. Doumeki can’t start working on the sound effect as the animation is delayed. Voice acting performance by the robot club is going wild. On top of that, art club who was supposed to finish up the background art have over-done some of the work and Asakusa is forced to re-do them. Kanamori is irritated by all these, however, Mizusaki’s passion for animation movements are still firm and strong!

第8話 大芝浜祭!

文化祭当日の朝、現場で生アテレコになってしまったものの、ロボットアニメはなんとかできあがった。浅草と百目鬼(どうめき)はギリギリまで音楽と効果音の調整を続ける。金森は、カリスマ読者モデルとしての水崎の知名度を利用して集客を図る。しかし、小野たちロボット研究部も協力した大がかりな宣伝は、生徒会に目をつけられてしまう。さらに、水崎がアニメを作っていることを隠している両親が、急に文化祭を見に来ることに!
They had to record the voices on the morning of the school festival but their robot anime is finally ready. Asakusa and Domeki adjust the music and effects until the very end. Kanamori uses Mizusaki’s fame to bring people in. However, huge promotion involving robot club gets the unwanted attentions of the Student Council. Moreover, Mizusaki’s parents whom she has been hiding her anime activity decides to come to the festival themselves!

第9話 コメットAを目指せ!

文化祭での上映会は大成功に終わり、DVDの予約も多数取ることができた。しかし、ロボットアニメの権利はクライアントであるロボット研究部にあり、映像研に残された利益はごくわずかだった。金森は、学校の外に出て、自主制作物展示即売会「コメットA」に参加することを提案する。どこに行こうというのか、金森は浅草と水崎を連れて出かける。芝浜の市街地には、複雑な町並みや入り組んだ水路、地下商店街などが広がっていた。
The screening at the school festival was a huge success and pre-orders for the DVDs keep on coming. However, the rights for the anime itself belongs to the client, robot club so only a little profit is made from it. Kanamori proposes to attend an amature creators’ self-published work convention called “Comet A”. Kanamori leads Asakusa and Mizusaki into the inner-city of Shibahama, heading towards the underground shopping street.

第10話 独自世界の対立!

浅草は描きたいシーンを次々と発案、水崎はSNSを使って音楽を発注、金森は声優オーディションを企画――。自主制作物展示即売会「コメットA」での新作発表に向けて映像研は猛進する。しかしその活動は教師たちに目をつけられることとなった。学校外で活動するリスクについて生徒会のさかきにも忠告されるが、3人はアニメ制作を続行。ストーリーを決めるためのヒントを求めて、音響部・百目鬼(どうめき)の音ロケに同行する。
Eizouken members are back to work! Asakusa’s creative flow is unstoppable while Kanamori is busy with planning for an audition for the next cast. Mizuaki also commissions the next music via SNS. However, their tireless effort to succeed at Comet A catch eyes of the teachers. School council also warns them the risk of working outside of school environment but the three continues to proceed. In order to gain some inspiration, the three tag along with Doumeki on her sound hunting!

第11話 それぞれの存在!

コメットAでの新作アニメ発表のためにDVDの複製を依頼していた写本筆写研究部が、不正取引で警備部に摘発された。教頭や生徒会による映像研への監視の目は厳しくなるばかりだ。しかし金森は、学校側が活動を認めざるを得ない状況に持ち込む策をめぐらせていた。一方、浅草はなかなか決めきれずにいた「敵」の設定とストーリーの核心についにたどり着く。コンテができあがったことで水崎の作画も順調に進み、完成が見えてきた。
The manuscript writing study club is arrested by the security club under the charges of illegal trafficking! This pushes eizouken in a bad light, as they’ve asked for their help in mass-producing the new anime DVDs. While teachers and school council keep a watchful eye on eizouken, Kanamori was brewing her own counterplan in secret. Asakusa finally reaches what the “enemy” is and thus reaches the core of he story, As the storyboard is now completed, Mizusaki’s storyboard production picks up pace!

第12話 芝浜UFO大戦!

SNSで依頼した音楽が映像とまったく合わないという問題が発生した。大団円のダンスシーンはデモ音源に合わせて水崎が作画しており、曲が変わると成立しない。浅草が出したのは、ダンスをやめてラストを作り直すという大胆な結論だった。実は終わり方にずっと疑問を感じていたが、変更すれば納得できるものになるという浅草の説明を、金森と水崎は受け入れる。そしてコメットA当日。映像研の新作アニメ「芝浜UFO大戦」とは?
At the final stage of production, eizouken team realize that the music they ordered via SNS doesn’t match the anime at all. The final dance scene artboard is created by Mizusaki and it will not be complete without the right music. As Asakusa was unsure about the ending, she makes a drastic decision to cut the entire scene out. Having faith in Asakusa, Kanamori and Mizusaki both accepts her decision. The day of the Comet A arrived. How will eizouken’s new project, “Shibahama UFO War” be received?

視聴感想(みんなの声)

コメント

タイトルとURLをコピーしました