空挺ドラゴンズ

2020年冬アニメ
配信サービス 配信状況 無料期間

独占配信見放題
初月無料!
今すぐ見る

空挺ドラゴンズを見るなら👆

放送 2020年冬
話数 全12話
主題歌 【OP】群青/神山羊
【ED】絶対零度/赤い公園
制作 ポリゴン・ピクチュアズ
声優 ミカ:前野智昭/タキタ:雨宮天/ジロー:斉藤壮馬/ヴァナベル:花澤香菜/ギブス:諏訪部順一/クロッコ:関智一/ニコ:櫻井孝宏/バーコ:鳥海浩輔/カペラ:釘宮理恵/ガガ:熊谷健太郎/フェイ:古川慎/バダキン:松山鷹志/オーケン:武内駿輔/ソラヤ:上村祐翔/メイン:赤﨑千夏/ヒーロ:榎木淳弥/ヨシ:井上和彦/リー:佐々木啓夫/カーチャ:佐倉綾音/ナナミ:千本木彩花/アスケラ:坂本真綾/ウラ爺:鈴木清信

(C) 桑原太矩・講談社/空挺ドラゴンズ製作委員会
TVアニメ「空挺ドラゴンズ」公式サイト

ストーリー

空の覇者、龍<ドラゴン>。

その存在は多くの地上の人々にとっては脅威・災害であり、
同時に薬や油、そして食用としての価値がある“宝の山”でもあった。

そんな龍<ドラゴン>を狩る存在がいた。
捕龍船を操り、空を駆け、龍を狩り、旅をする。

彼らは「龍捕り」。
これはその中の一艇“クィン・ザザ号”とそのクルー達の物語である。

Dragons, the rulers of the sky.
To many people on the surface, they are dire threat, but at the same time, a valuable source of medicine, oil, and food. There are those who hunt the dragons.

They travel the skies in dragon-hunting airships.
This is the story of one of those ships, the “Quin Zaza”, and its crew.

みどころ

人間には到底倒せない、言わば天災のようなドラゴンを空の上で狩る龍捕り。肝を冷やすような戦いぶりと映像美に魅了されます。

また、基本的に龍捕りたちは、龍を狩り、それを売って生活しており、特に拠点はなく、旅をしながら生活している。

だから時には街に降りても煙たがられることも。

龍捕りたちは、天災を起こす龍を倒してくれる唯一の存在であり、街にとってありがたい存在だが、あくまでよそ者なのである。それは人間だから仕方ないのかも知れませんね。

また船内には龍捕り以外にも個性豊かな人たちがおり、その人たちの日常生活にも興味がそそられます。

龍捕りたちは龍を狩り、また新たな龍を求めて旅をする。そんな彼かの旅の果てはどこなのか。今後のストーリ展開に期待です。

動画配信サービス

※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

配信サービス 配信状況 無料期間

独占配信見放題
初月無料!
今すぐ見る

【注意】不正な動画サイトでの視聴はウイルス感染のリスクがあります。動画配信サービスでの視聴をお勧めします。今なら一定期間無料です。

第1話 クィン・ザザ号

捕らえた龍を解体し、それを売って、旅をする……今はその数も少なくなった、現役の捕龍船クィン・ザザ号。新人のタキタは、ミカ達ベテラン船員の鮮やかな龍捕りを目の当たりにし息を飲む。その後、一行は早速近くの市に降りて龍の肉や油を人々に売り捌く。久々の地上で、船員たちはほっと一息。だがそれも束の間、新たな龍が現れ、隣市が危険との情報が! やがて遭遇した龍は、クィン・ザザ号に対してやけに好戦的な態度を示す。その理由とは……?

第2話 賞金と極小龍の悪魔風

クィン・ザザ号に乗り込んでから3ヶ月経ち、新人のタキタも少しずつ仕事に慣れてきた。そんな彼女が甲板でひとり風に当たっていると、手すりに奇妙な鳥が。……いや、違う。龍だ! 鳥のような小ささでも龍は龍。捕まえればかなりの儲けに違いない!! タキタは甲板から船内へと紛れ込んだ龍を密かに捕獲しようと奮闘する。しかし、なかなか見つけられずにいるうち、ギブスが何者かに襲われ負傷。事態は船全体を巻き込んだ、大騒動へと発展する。

第3話 光る龍と

捕龍船といえども、龍と戦ってばかりではない。空の上にも平時の職務はある。見張り台の当番をしていたジローは、天測で雲行きが怪しいことに気がついた。そんなこととは知らず、非番の者は賭けに興じたり、二日酔いでへばったり、古くなった龍の肉を燻製にしたりと、自由きままに過ごしていた。しかし、船の責任者と会計士は頭を抱えていた。このまま龍が捕れなければ大赤字!! しかもジローの見立て通り、船の前方には嵐を伴う巨大な雲が迫りくるのだった!!

第4話 乗船理由と龍のテリーヌ

タキタが偶然見つけた一枚の紙。そこには眠るヴァナベルの艷やかな姿が! こんな絵を描くために女の寝室に忍び込むとは……けしからん! 状況証拠で絞り込まれた容疑者候補は3人。船員たちは面白半分で犯人を絞り込もうとするが、ヴァナベル本人はといえば、馬鹿げた騒動を気にすることもなく、物思いに耽っていた。そこに現れた中型の龍。戦いの最中、ミカの姿にヴァナベルが感じたものは――。

第5話 空中海賊とパストラマ

大きな市での久々の補給を目前に、浮かれた調子のクィン・ザザ号の船員たち。ここのところ龍をほとんど捕獲できておらず、航行中のほぼ唯一の楽しみである食事もすっかり貧しい内容で、体も心も疲れきっていた。稼ぎの少なさは気になるところだが、それでもどこかにとどまっての休みは喜ばしい。しかし、海上で貨物船の救難信号を見つけたことから、事態は急転直下。ザザ号は貨物船を救出しようとするが、そこに一隻の飛行船が現れる。その正体は――空中海賊だった!

第6話 祭りと龍肉の手延べ汁麺

港市クオーンに、クィン・ザザ号は補給と船の修理のために降り立った。一仕事終えた船員たちの多くは、久々の陸を堪能しようと酒場へ繰り出す。そんな中、ミカは初めて龍の解体を経験したことで心ここにあらずなタキタを気遣い、一緒に市に向かう。そして、「千剖士」という龍を解体・加工して暮らす一族を訪ねる。そのころ酒場では、ザザ号と他の船の龍捕りのあいだで乱闘が勃発。ジローはその騒ぎから、カーチャという名の可憐な少女と出会う。

第7話 『大災と食える龍』

クオーンの平和は、一瞬にして破られた。組合の飛行船が曳航してきた、大型の龍。毒によって仕留められていたはずのそれが突如息を吹き返し、市中まちなかで猛威を振るい出した。放たれる激しい熱閃で、至るところに火の手が上がり、傷の苦痛にのたうつ巨体で、瓦礫の山が築かれる。寄港していた船は次々と逃げ出すが、市まちの住人たちに逃げ場はない。クィン・ザザ号も決断を迫られる中、ジローは市の人々を守ることを主張する。その熱意とミカの食欲が、龍捕りたちの気持ちを動かす。だが、大型龍の力は並大抵ではなかった。

第8話 『暴れ龍捕獲作戦』

空中と地上からの攻撃を組み合わせた捕獲作戦が思うように進行せず、未だ燃え続ける市まち。大型龍によって破壊された、カーチャのいた娼館の残骸を前に、衝撃を隠せないジロー。そうして立ち竦むあいだにも、手負いの大型龍は被害をさらに拡大させていく。このままでは、製油工場にまで火の手が及ぶのは時間の問題。だがそんな状況を前にして、ジローは何かに突き動かされるように、大型龍に挑みかかる。

第9話 『炊き出しの釜煮と龍のカツレツ』

解体が始まった。その近くで、クオーンの人々は総出で炊き出しを行うことに。予定されていた祭りが中止になり、そのために揃えていた食材がふんだんに使えるとあって、料理上手な人々の腕が鳴る。クオーンの郷土料理である「釜煮」は、それぞれの家庭にこだわりの味があることもあって、ちょっとした料理対決のような雰囲気に。だが、そんな楽しい時間が、いつまでも続くわけではない。元の日常に帰る朝、クィン・ザザ号が、ふたたび空へと上がるときがやってきた。そのとき、ジローは……。

第10話 『渡り龍と谷の底』

クオーンを出たクィン・ザザ号の次なる目的は、「龍の回廊」という特別な場所。辿り着くためには、山岳地帯の崖のあいだを飛び、強い上昇気流に乗り、厚い雲の上に抜けなければならない。危険な飛行を無事乗り切り、狙いどおり、回遊してきた「渡り」の龍の群れと遭遇できたクィン・ザザ号。しかし、捕龍の最中、タキタが獲物とともに、船の甲板から谷底へと落下してしまい…!?

第11話 『小さい龍と龍脳の猟師鍋』

船から落下したタキタの無事を信じ、捜索を続けるクィン・ザザ号の仲間たち。当のタキタは、アスケラと名乗るマタギの少女に助けられ、拾った子龍を連れてキャンプで保護されていた。命の危機こそ去ったものの、万全ではない体調。船に戻るための方法も、まったく考えが及ばない。だが、タキタはそうした自身の抱える問題以上に、食事をせず、日々衰弱していく子龍の様子を気にかけていた。

第12話 『龍の回廊』

火山の噴火に誘われて、大量の「渡り」の龍の群れが周囲に現れる。さまざまな種類の龍が入り乱れ、中には別種の龍を喰らう龍までいる。そんな壮絶な光景を前に、ミカやヴァナベルら、クィン・ザザ号のすべての船員が、それぞれの役割を果たしながら、全身全霊で龍捕りとしての生き様を示していく。それを目の当たりにしたタキタもまた、背中に子龍を背負いながら、龍捕りとして為すべきことをやり遂げようと、決意を固める。

視聴感想(みんなの声)

コメント

タイトルとURLをコピーしました