プランダラ

2020年冬アニメ
配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
見放題
31日間無料!
今すぐ見る

プランダラを見るなら👆

放送 2020年冬
話数 24話予定
主題歌 【OP】Plunderer/伊藤美来
【ED】Countless days/陽菜(本泉莉奈)
制作 GEEKTOYS
声優 リヒトー=バッハ:中島ヨシキ/陽菜:本泉莉奈/ジェイル=マードック:梅原裕一郎/リィン=メイ:小澤亜李/ペレ:市川 蒼/ナナ:伊藤 静/園原水花:悠木 碧/アレク:東地宏樹/シュメルマン:関 俊彦

©2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会
TVアニメ「プランダラ」公式サイト

ストーリー

「廃棄戦争」と呼ばれた未曾有の大戦後の世界、アルシア。
そこは、強者が弱者から自らの存在を示す「数字カウント」を奪い取る、弱肉強食の世界。

そんな世界で、2人は出逢う。
仮面で素性を隠しながらも、エッチなことが大好きで、弱き者たちのために太刀を振るう青年・リヒトー。
母の遺言を頼りに「伝説の撃墜王」を探して旅をする、健気でひたむきな少女・陽菜。

2人の出逢いをきっかけに、
「数字カウント」がすべてを支配する世界の謎が、少しずつ明らかになっていく—
「そらのおとしもの」の水無月すうがおくる、
渾身のヒロイックアクションファンタジー開幕!

みどころ

数字カウントに支配される世界。数字が0になればアビス送りになり、数字が小さいものは大きいものに逆らうことができない。そんな世界で、数字カウントが0になりアビス送りになった母の遺言を頼りに「伝説の撃墜王」を探して旅をする。果たして伝説の撃墜王は見つかるのか。

そして今回の作品は「そらのおとしもの」の水無月すうがおくる、渾身のヒロイックアクションファンタジー!

そらのおとしものといえば主人公がエロ魔神。そして今回のプランダラも・・・

ストーリー展開のエロ展開が今作品の見所となっています。

動画配信サービス

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
見放題
31日間無料!
今すぐ見る
hulu
見放題
14日間無料!
今すぐ見る

見放題
初月無料!
今すぐ見る
dアニメストア
見放題
31日間無料!
今すぐ見る

見放題
30日間無料!
今すぐ見る
FODプレミアム
見放題
1ヶ月間無料!
今すぐ見る

【注意】不正な動画サイトでの視聴はウイルス感染のリスクがあります。動画配信サービスでの視聴をお勧めします。今なら一定期間無料です。

第1話 伝説の撃墜王

母の遺言を頼りに、5年もの間ひたすらに世界を旅してきた少女・陽菜。300年前の大戦『廃棄戦争』を終結に導いた英雄『伝説の撃墜王』を探し求める彼女は、ある街で仮面の青年・リヒトー=バッハと運命的な出会いを果たす。そして、撃墜王を名乗る軍人・ダビが現れ、陽菜を軍部へと連れていくのだが……。


母の顔がわからないあたり、そらのおとしものを思い出しますね。そらのおとしものも大好きだったので、今回のプランダラも期待しています。そして主人公リヒトもそらのおとしもの同様エロい。でも今回は少しエロがすぎますね。最初は水無月すうさんの作品だとは知らなかったので、キービジュアルから想像できない始まりでした。というかいつになったらリヒトはその不思議な仮面を外すのか・・・そして、伝説の撃墜王さんの偽物に騙され441点から1点に。絶体絶命。というところでリヒトさんが!でもリヒトはカウントが-999!?いったいどういうことなのか。本来0になったらアビス送りのはずでは?その謎はすぐに解けた。リヒトはバロットホルダーなのだった。というかバロットホルダーってなんなんだ。というところで1話終了でした。一話総評ですが、リヒトのお面バージョンと素顔のギャップが激しいですね。そらのおとしもの仕様なら、エロくなるときは毎回お面なのでしょうか?次週が楽しみです。

第2話 だいっきらい!

撃墜王を名乗るダビに騙された陽菜は、ルールも知らぬまま『星奪戦』に敗れ、自分のカウントを奪われてしまった。母の形見である『バロット』まで狙われ、すべてを失いかけた陽菜のため、リヒトーが立ち向かう!白い星が刻まれた大太刀をふるうリヒトーの姿は、まるで伝説の撃墜王のようで……!?


伝説の撃墜王?のリヒト圧倒的ですね。ただ歩くだけであの威力とは。そして-999の理由が女に振られた数とは。素顔はあんなにイケメンなのに・・・理由はなんとなくわかりますが。そしてアビスの手?もなんかエロいですね。でもリヒトいいやつだなっと思った矢先に、バロットを奪われリヒトに逃げられるとは。おいおいだらしないな。と思いきやバロット持ちは重罪だったんですね。やっぱりリヒトはいいやつでした。一瞬でも疑ってすいません。二話総評ですが、伝説の撃墜王は複数いるのですね。悪の撃墜王もいるのかな。そしてリヒトはこのままいなくなってしまうのか。まあ多分戻ってくると思いますが、今後に期待です。

第3話 制服だから仕方ない

断崖の街ホムホゥ担当の曹長・リィンは、部下のペレと共に日々ボランティアに汗を流していた。そんなある日、指名手配の重罪人リヒトー=バッハによく似た、プリンの着ぐるみ男と遭遇する。男を疑うリィンだったが、「全然モテない」と号泣する彼のため、仕方なくデートすることになる。


今回のタイトルにもある、制服だからしょうがない。いやぁまったく制服だからしょうがないですよね。不可抗力。今回はまた違う街でリヒトがいろいろやらかしていましたね。でも今回はリヒトは振られたというよりは、好かれたので-999に戻るのでは。あと、リヒトのようにやれば膝枕もやってもらえるのかな・・・そんなわけないか。今作品もそらのおとしもの同様、シリアスなシーンとエロシーンが混在。次週も楽しみです。

第4話 違法所持者

軍に追われる立場にもかかわらずホムホゥの住人に手を差し伸べるリヒトーを見て、自然と笑顔がこぼれるリィン。だが、いつまでも続くかに思われた和やかな逃走劇は唐突に終わりを告げた。『違法所持者バロットホルダー』を取り締まるため、ジェイル=マードック中尉の鉄拳がリヒトーに迫る!


前半はなごやかな雰囲気で始まりましたが、後半ついに中佐がリヒトーの前に現れましたね。でもリヒトーは伝説の撃墜王?さん。それに中佐はレベル900。相手にならないのではと思いました。しかし、中佐は圧倒的でした。なにせ本当のナンバーを隠していたのですから。しかも12,500。リヒトーより倍以上多い。この中佐も撃墜王なのかと思いましたが、話している内容から察するに違うみたい。でもこの圧倒的な強さは以上。リヒトーさん大ピンチ回でした。

第5話 謝るな、謝れ

『違法所持者バロットホルダー』を取り締まるジェイル=マードック中尉は、重罪人として指名手配されているリヒトー=バッハと対峙する。リヒトーの倍以上のカウントを持つジェイルは、鉄を創り 出す能力を操り、リヒトーを捕らえる。そして、戦いの中で抱いた疑問をリヒトーに投げかけ、その正体を探ろうとするが、リヒトーは一向に取り合わず、答えをはぐらかし続けて……。


リヒトーさん本気出していなかったんですね。でもなぜナンバーが低いリヒト〜さんの方が強いのか?他にもナンバーを隠し持っているのか?疑問は深まるばかりですが、なんとか一件落着ですね。そしてリヒトーさんのナンバーも-1,001に。これあえてやっているんですかね?モテるのにこちらからあえて嫌われるようにしているような。リヒトーさんの過去になにかあったのでしょうか?

第6話 勘

ジェイル率いる王立軍から逃れ、ひとり旅を続けていたリヒトーをようやく見つけた陽菜とナナ。つかの間の平穏な時を過ごしていた彼らは、空を飛ぶ実験中の女性・ペルモと出会う。あやうく谷底に落ちるところをリヒトーに救われた彼女は、空を飛ぶことにかける情熱を語る。だが、アルシアでは空を飛ぶ研究は重罪となっており……。


第7話 美味かったよ

バザールにやってきたリヒトー一行。ナナの店の仕入れをするため、露店街を散策するリヒトーと陽菜だったが、そこにリィンが現れる。リヒトーと睦まじげなリィンに対抗心を燃やす陽菜。そのふたりの様子を見たナナは含み笑いを浮かべながら、陽菜とリィンによる「リヒトー争奪お料理バトル」の開催を宣言する。はたしてふたりが作る料理とは?


第8話 アビスの悪魔

炎上するリンデンの街。住民は全滅し、美しい湖が広がっていた場所にはいまや巨大な穴が空いていた。ただ一人の生き残りである騎士団員は、その穴の中から『アビスの悪魔』が現れたと言う。禁忌である飛行する力を持ち、剣も弓も効かず人々を殺戮した『悪魔』とは何か……。手がかりを得るため、ジェイルはリヒトーのもとへ向かう。


第9話 プランダラ

ついに出現した『アビスの悪魔』。リヒトーはジェイルに住民の避難を命じると、攻撃を引きつけるため敵へと向かっていく。その時無数の黒い手が現れ、リヒトーと『アビスの悪魔』へ襲い掛かった。黒い手を『アルシング』と呼ぶリィン。それはアルシアの全てを決めると言われる最高議会の名であり、ジェイルたち軍人は黒い手への攻撃を禁じられていた。

第10話 本気

力を解放し、園原に星奪戦を挑むリヒトー。「カウント」の力を何倍にも引き出す撃墜王同士の戦いはリヒトーの勝利で幕を閉じたかに思えた。しかし、殺意に支配されたリヒトーの力が暴走し始め……。

第11話 とっておき

戦いを終えたジェイルは、アルシア王立軍総本部を訪れていた。総司令のアレクに黒い軍服の男たちの正体を問うジェイル。その正体はアルシア元帥府特別任務執行機関――通称・特務部隊だった。さらにリヒトーの正体までも知ったジェイルだったが……。

第12話 入校式

ナナに導かれて見知らぬ世界にやってきた陽菜たちは、リヒトーの面影のある坂井離人を追って第13特設軍学校に潜入する。体育館でジェイルに殴りかかる道安武虎を止めたのは園原と坂井時風。一触即発の空気を乱したのは離人だった。そして、入校式で学長として現れた人物は――「シュメルマン」と呼ばれる男だった。

第13話 腹いっぱい

アルシアの秘密はこの300年前の世界にある――。自分たちがこの世界に送り込まれた理由を探る陽菜たちは第13特設軍学校に入校。クラス分け後、陽菜たちと同じAクラスには離人や時風もいた。そこにシュメルマン少佐が現れ、生徒たちに星型のブローチを配り始める。そして、星の増やし方、互いの星を奪い合うルールを説明するのだった。

第14話 7分12秒

第15話 殺さない軍隊

第16話 廃棄するための戦争

視聴感想(みんなの声)

コメント

タイトルとURLをコピーしました