シャドウバース

2020年夏アニメ
放送 2020年春
話数
主題歌 【OP】キリフダ、新世界
【ED】ハピネス*センセーション、心誰にも
制作 ZEXCS
声優 竜ヶ崎ヒイロ:梶原岳人
夜那月ルシア:榎木淳弥
天宮ミモリ:本渡楓
黒羽アリス:小倉唯
進藤カズキ:田谷隼
伊集院カイ:種﨑敦美
マウラ・アベラルド:井口祐一

©️アニメ「シャドウバース」製作委員会・テレビ東京
TVアニメ「シャドウバース」公式サイト

ストーリー

天青(読み:てんせい)学園に通う少年・竜ヶ崎ヒイロは、ひょんなことから謎のスマホを手に入れる。そのスマホの中には、大人気デジタルカードゲーム『シャドウバース』、通称・シャドバがインストールされていた!ライバルとの出会い、大会への挑戦、仲間との絆。シャドバを通じて得たいくつもの経験が、ヒイロを『進化』させていく――。

みどころ

動画配信サービス

※本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。

配信サービス 配信状況 無料期間
U-NEXT
見放題
31日間無料!
今すぐ見る
hulu
見放題
14日間無料!
今すぐ見る
×
視聴不可
初月無料!
今すぐ見る
dアニメストア
見放題
31日間無料!
今すぐ見る

見放題
30日間無料!
今すぐ見る
FODプレミアム
見放題
1ヶ月間無料!
今すぐ見る

【注意】不正な動画サイトでの視聴はウイルス感染のリスクがあります。動画配信サービスでの視聴をお勧めします。今なら一定期間無料です。

第1話 これがシャドバだ!!

天青学園に通う少年、竜ヶ崎ヒイロ。
世間で大流行中のデジタルカードゲーム『Shadowverse(シャドウバース)』、
通称・シャドバをプレイしたいヒイロだったが、祖父であるシゲフミにスマホを買ってもらえないでいた。
ある日の朝、いつものように登校しようとしたヒイロは、自分を呼ぶ謎の声を聞く。
その声に導かれ、自宅の蔵に入るヒイロ。蔵の中には、真新しいスマホが置かれていた……。

第2話 ヒイロの決意

静まり返った夜の公園で、ヒイロは夜那月ルシアと出会う。
ルシアもシャドバが好きなのだろうと思ったヒイロは、ルシアにバトルを挑む。
ヒイロの挑戦を快諾するルシア。その瞳は、刃のように鋭く細められていた……。

第3話 超天才の策略

天青学園でのバトルで、連戦連勝を重ねるヒイロ。
そこに現れたのは、ヒイロの1年後輩である伊集院カイだった。
カイはヒイロの友達である進藤カズキを圧倒した後、ヒイロに挑戦状をたたきつける。
果たしてヒイロはカイに勝つことが出来るのだろうか……。

第4話 特別なもの

ヒイロの友達、天宮ミモリ。

ミモリは自分が『普通』なことにコンプレックスを抱えていた。

ミモリの憧れは、国民的アイドルの黒羽アリス。

黒羽アリスのポスターをぼぉーっと眺めていたミモリの前に、謎の少女が現れる。

少女は「アタシに勝ったら黒羽アリスに会わせてあげる」と、ミモリにバトルを申し込んでくるのだった……。

第5話 激闘!ヒイロVSカズキ!

いつものごとく、シャドバスタジアムでバトルをしようとするヒイロ。

すると、入り口の大型ビジョンには「本日 店舗大会!参加者募集中!」の文字があった!

初めての大会にワクワクしつつ、参加を決めるヒイロ。

すると、そこに遅れてカズキもやってくる。

いつもは友達、今日はライバル。2人のバトルが今、始まる……!

第6話 強さの理由

勉強、スポーツ、そしてシャドバ。どれをとっても隙がない少年、夜那月ルシア。

誰もが羨む才能を持つルシアだったが、彼にとって必要なものは羨望の眼差しではなく、強さだけ。

自らを追い込み、ストイックに生きるルシア。

そんな彼の前に、プロプレイヤーである牙倉セイヤが現れる……。

第7話 目指せ!マスターランク!

全国大会に出場するため、ヒイロはマスターランクを目指す。

バトルに勝ち続けるヒイロだったが、あと一歩のところで届かない。

そんな時、ヒイロの前にグランドマスターランクの男――レオン・オーランシュが現れる。

「私に勝てば、君はマスターランクだ」

マスターランクの座をかけて、ヒイロの挑戦が始まる!

第8話 決勝トーナメント始まるッ!

見事、全国大会への出場を決めたヒイロ。

厳しい予選を潜り抜けた先に待っていたのは、強者のみが集う決勝トーナメントだった!

第1回戦の相手として現れたのは、フードを被った謎の少女。

「Ecila」と名乗る彼女の正体とは……。

第9話 開幕!華麗なるウィッチショー!

1回戦に勝利し、2回戦へと駒を進めるヒイロ。

相手となるのは、プロプレイヤーである牙倉セイヤ!

物腰柔らかなセイヤだったが、その瞳の奥には熱い炎が渦巻いている。

ルシアとのバトルでは見せなかった「本気のセイヤ」にヒイロは勝つことが出来るのだろうか……?

第10話 マウラの呪縛!

全国大会もいよいよ、大詰め!

準決勝に辿り着いたヒイロは、謎めいた少年・マウラと出会う。

怪しげな微笑みと共に、トリッキーなカードを繰り出してくるマウラ。

ルシアとの決勝戦まであと一歩。絶対に負けられないバトルが始まる!

第11話 ヒイロvsルシア

数々の熱いバトルを経て、ついに決勝戦が幕を開ける。

かつての借りを返すため、ヒイロは再びルシアと相対する。

交差する2人の視線、ぶつかりあう2人の想い。

しかしバトルの中で、ヒイロとルシアの決定的な違いが明らかになる。

 

「ヒイロ。僕にとって、シャドバは――」

第12話 勝利は誰の手に

ヒイロとルシア、すれ違う2人、重なり合わない2人。

それでもシャドバという繋がりを信じて、ヒイロは全力でバトルを続ける。

決勝戦の先にヒイロが目にするものは、戦いの終わりか、それとも――。

第13話 開幕!シャドウグランプリ!

全国大会に出場したヒイロたちを待っていたのは、ジェネシスカンパニーによる新たな大会・「シャドウグランプリ」だった!

世界中から集まる強豪プレイヤーたちの存在に、ヒイロは胸を躍らせる。

そして今、新たなバトルの幕が上がる――。

第14話 満腹バトル!田部丘マイセル!

ヒイロが最初に遭遇したのは、伝説の料理人・田部丘マイセル。
負けてしまえば即失格のバトルを挑まれたヒイロは、決意をもってマイセルに対峙するのだった……。

「立てば洋食、座れば和食、歩く姿 はイタリアン……古今東西あらゆる料理を 極めた料理人!それがミー!」

第15話 スーパーリッチ!財善寺ミヤビ!

マイセルとのバトルに勝利を収めたヒイロ。次の相手となったのは、財善寺家の跡取り娘である財善寺ミヤビだった。

 

「天地開闢以来、庶民がわたくしに勝てたことなどありませんのよ!」

 

超大金持ちらしいゴージャスなバトルで、ヒイロを翻弄するミヤビ。
果たしてヒイロは、ミヤビを倒すことが出来るのだろうか……?

第16話 冥府への誘い!ジュスティーヌ姉妹!

ヒイロが熱いバトルを繰り広げている一方その頃、ミモリはアリスと出会っていた。
ひと時の会話を楽しむ二人の前に現れたのは、悪名高い賞金稼ぎ・ジュスティーヌ姉妹だった。
ジュスティーヌ姉妹から「タッグバトル」を挑まれたミモリとアリスは、負けられないバトルに身を投じる。

 

「教えてやりなさい、妹よ」
「ジュスティーヌ姉妹は無敵の賞金稼ぎなんだよ……」

第17話 特別と普通

特別に憧れるミモリ。
普通に憧れるアリス。
背中合わせの2人が今、向かい合わせで対峙する。

 

「どっちが正しいかわかんないけど、わかんないから、こうするね」
「……アリスちゃんのことわかるためには、これが……きっとシャドバが一番だよね」

 

ぶつかり合う二人の瞳は、熱く、輝く。

第18話 卑劣な罠!ズオウ&コウ!

着実に成果を上げるカイ。まだバトルもできていないカズキ。
正反対の2人が、ジェネシスアイランドでまた出会う。
待ち受けるは卑劣な罠、狩りの時間。

 

「狩りに卑怯もクソもあるかよ!」
「もう、終わり」

第19話 影を背負う者達

世界最強のシャドバプレイヤーを決める大会。
勝者にはジェネシスカンパニーの社長の座が与えられる大会。
……それがシャドウグランプリ。
しかし、全てはまやかしに過ぎなかった。
今……レオン・オーランシュが動き出す。

 

「シャドウグランプリはいよいよここからというわけだ。皆、励んでくれたまえよ……」

第20話 微笑みは黒く

謎のプレイヤー・シャドウナイツを倒したヒイロ。
現れたのは、かつて全国大会でバトルした相手……マウラだった。

 

「マウラ……お前もシャドウナイツだったのか……!?」
「さぁ……どうでしょうね?」

 

「まぁ少なくとも……あなたの敵には違いありません!」

第21話 宿命の戦い

ヒイロはシャドウグランプリのヒミツを解き明かすため、レオンのいる中央タワーを目指す。
その行く手を阻むのは……強さを追い求める闇の貴公子、ルシア。

 

「今はバトルしてる場合じゃないぜ!」
「……他に何がある?シャドウグランプリはまだ終わってない」

 

交わる視線、交わらない想い。
避けられぬバトルが始まる。

第22話 決着!そして…

一進一退のバトルを繰り広げる、ヒイロとルシア。
譲れない想いをぶつけ合い、2人のバトルは加速する。

 

「ルシア。今度こそ届くぜ。俺の心が……お前にっ!」
「ヒイロ、君は強い。だけど君と僕は違い過ぎる……」

 

決着の時は、今。

第23話 未知なる邂逅

中央タワーに集まった、選ばれし7人。
ヒイロ、ルシア、ミモリ、カズキ、カイ、アリス、マウラ……。
彼らに明かされた世界の秘密は、「災いの樹」。全てを滅ぼす、災厄の存在。
世界を救う資格を得るため、ヒイロたちは最後のバトルに挑む。

第24話 祝福と災い

ついに明かされた第8のクラス、ネメシスクラス。
その強大な力の前に、ヒイロは苦戦を強いられる。
しかし……ヒイロが対峙するべきは、ネメシスクラスだけではなかった。

 

「少し……昔話をしようか」

 

紐解かれる、竜ヶ崎エイジの過去。
ヒイロにとっての最大の試練が続く。

第25話 7つの希望

災いの樹によって、世界の時は止まってしまった。
現れる「虚の影」、取りつかれ、操られた人々……。
訪れる終焉の最中で、しかし、なおも輝く意志7つ。

「世界を救えるのは……君たち、選ばれし7人だけだ!」

第26話 伝説を掴め!

虚の影に操られたタクマを救いだしたヒイロ。
数々の敵を超えて、ヒイロはついに伝説のカードが眠る遺跡に辿り着く。
果たしてヒイロは伝説のカードを手に入れることが出来るのか……
……黒き呪いの竜戦士が、その眼でヒイロを値踏みする。

第27話 究極のドラゴン!

虚の影の力を用い、シロウはヒイロを追い詰める。
欲しかった強さを手に入れた、これでヒイロに勝てるはず……
……そう考えるシロウはしかし、気付いていない。
シャドバの強さは、心の強さ。決して諦めない意志こそが、何よりも大事なのだと。

 

「行くぜ、シロウ!俺は伝説を手に入れる!」

第28話 重なる答え

伝説のカードの遺跡に辿り着いた、カイとアリス。
待ち受けていたのはジュスティーヌ姉妹。美しくも恐ろしき賞金稼ぎ。

 

「ジュスティーヌ姉妹は無敵なんです……」
「てめーは終わってんだよ、最初から!」

 

荒れ狂う闇のバトルを超え、カイとアリスは伝説のカードを掴むことができるのだろうか……。

第29話 僕である証

伝説のカードを手に入れたルシア。
そして現れる、「もっとも戦いたくない相手」。

 

「優しい兄さん。私にいつでも優しい。だから私が苦しんでるってことも、知らないんでしょうね」

 

重ねてきた嘘、隠してきた真実。
最愛の妹、シオリの言葉がルシアの心を揺らがせる。

第30話 覚悟と勇気

操られたセイヤと対峙するミモリ。
その強大な力を前にしても、ミモリは決して退きはしない。

 

「お遊びはここまでだ!君を喰らい尽くしてしまおうか!」
「諦めません!絶対に!」

 

ミモリの覚悟が、古き伝説を呼び覚ます。

第31話 勇者の剣

「悪いねぇ、2対1でさぁ。コイツに取りつかれちまったから、卑怯になっちまったのかなぁ?」
「ズオウ、それは前から」

 

ズオウとコウに対し、不利なバトルを強いられるカズキ。
しかし、カズキは決して諦めない。
守りたいもののために、救うべき世界のために。

第32話 希望の足音

選ばれし7人の1人、マウラ・アベラルド。
彼の孤独な運命は、彼自身を確実に蝕んでいた。
被った仮面は嘘の仮面、故に伝説のカードが輝くこともない。
混乱と混迷の最中、マウラはルシアと対峙する。

 

「何のつもりかって?そんなの……僕にだってわかりませんよ」

第33話 滅びの行方

竜ヶ崎エイジの力によって、マウラは大量の虚の影に取りつかれてしまう。
伸ばしても伸ばしても、マウラの手からは希望がすり抜けて、消えていく。
ついにマウラは諦めて……己の運命を受け入れて、「世界の敵」となった。

 

しかし……まだ諦めていない者たちがいる。
ヒイロとルシアは「仲間」のために立ち上がる。

第34話 絶望のバトル

マウラの絶望が込められた、「三種の神器・カード」の前に苦戦するヒイロとルシア。
溢れ出す怨嗟、繰り返される呪詛の言葉、マウラはもはやマウラではなくなった。

 

……それでも、ヒイロにとってのマウラは「仲間」。
シャドバで繋がった、かけがえのない「仲間」。

 

「マウラ!俺は絶対にあきらめない!お前のことも、この世界のことも!」

第35話 終焉への序曲

「久しぶりだな、この場所も。この匂いも。この風も」

 

それは突然の再会、予期せぬ邂逅。

 

「まさか、父さんなのか……!?」

 

ヒイロの言葉は……しかし、エイジに決して届かない。
それは突然の再会にして……予期せぬ断絶。

コメント

タイトルとURLをコピーしました