日本沈没2020

2020年夏アニメ

日本沈没2020

日本SF界の巨人、小松左京の大ヒット作『日本沈没』の初のアニメ化に、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』等で世界的な評価を受け、『DEVILMAN crybaby』でアニメ表現の限界を突破した湯浅政明監督が挑む―― 絶大な注目の中、本年7月にNetflixで配信開始した『日本沈没2020』は、“国が失われゆく人々のアイデンティティ”という1973年に刊行された原作のテーマを残しつつ、2020年現在の日本を舞台に、未曾有の事態をごく普通の家族の目線で描く大胆な設定を採用。 容赦なく襲う大災害、人種や国籍、思想や世代も異なる多様な人々、ネットを背景にした文化など、いま現在の世界がリアルに抱える事象を、アニメならではのファンタジー性と、極めて冷静な視点を交えて描きだした。 それは視聴者の感性を映す鏡の様に“語らずにはいられない作品”となり、配信後にSNSを中心に賛否両論を巻き起こし、デイリー国内視聴ランキングのNo.1を連日記録した。 本作では、全10話のストーリーを、劇場版として湯浅監督の手による編集で再構築、5.1chの劇場仕様の音響と共に、“令和における日本”がより鮮明な映画として生まれ変わった。 沈みゆく日本、人々はどこへ向かい、我々はこの事態をどう見つめるのか? 命のバトンをつないだ先にある希望とは? 否応なく究極の選択を突きつけられた人々が向き合う現実と再生の物語が、いま始まる!
タイトルとURLをコピーしました